ママとして輝き、妻として愛される!

3歳0歳姉妹の育児に奮闘する結婚9年目の主婦です。 自分の道をもち、イキイキと輝き、経済的自立を果たせる女性を目指し日々邁進中! その中で得た情報、知恵など共有します!

難しい設定不要! 桜と子供の写真を上手に撮る簡単な5つのコツ!

春らしい陽気に後押しされて、いよいよ桜満開が目前ですね ♪

みなさん、お花見の計画は万全ですか?^^

 

f:id:happyfufu:20170331211319j:plain

 

桜満開となれば、あっという間に終わってしまう桜の景色を写真に残したくて

カメラや携帯で誰しもが写真を撮っていますよね!

ママさんたちは、可愛い我が子と満開の桜…という最高のシチュエーションで

是非とも満足な写真を残したいと思いませんか?

 

私は毎年、桜が見頃になるとカメラを持ってあちこちに写真を撮りに行きます♪

そして大量に写真を撮ります…娘に嫌がられるほどに…(笑)

 

桜の写真って意外と難しいんです。

ソメイヨシノの淡いピンクは、お天気や光の具合、カメラの設定によっては

真っ白に飛んでしまったり、逆にすごく暗くどんよ〜りした色になってしまったり。

 

普段カメラのMモード(マニュアルモード)で撮影する方は、

ISO、SS(シャッタースピード)、F値と場合によってはWB(ホワイトバランス)を

あれこれと調整しますが、そこまでカメラに慣れていない方や

普段はオートでしか撮らない方は細かい設定方法を聞いても「???」ですよね^^;

 

ここでは、カメラの設定をあれこれいじらなくても簡単に桜と我が子の写真を

綺麗に撮れる5つのコツをお教え致します♪

 

 

      

こんな可愛いホワイトの一眼レフがあるんですね♪知らなかった!三脚もホワイトで揃えたらオシャレ♪

 

 

  1.お花見日和のお天気なら…ちょっと早めに出かけましょ♪

 

  …どういうこと!?と思いましたか?(笑)

「ちょっと早めに出かける」というのは…午前中の光のほうが撮りやすいから!です。

晴天の日のお昼頃…一番お花見に最適な時間帯ではあるのですが、

日差しが強かったり、太陽が真上の位置にあると、顔にも桜自体にもあちこち深い影が

できてしまって撮影にはあまり向いている時間帯ではないのです。

また明暗差(コントラスト)が強すぎる中でそのまま撮ると、「顔白いっ!!」という

写真が出来上がります^^;

その点、午前中(11時頃まで)はまだ太陽の位置も低く光が柔らかいので

お子さんの肌色も桜も綺麗に撮れます♪

しかも、早い時間のほうが空いてます!(笑)

お花見シーズンは、人がたくさんいるのはもちろん、あちこちにカラフルなシートが敷かれていて、どうしても写真がガチャガチャしてしまうので、

その点でも午前中早めの時間はオススメです♪

 

 

    2. できるだけ枝が低い位置まで垂れている木を探しましょう♪

 

これは、場所によっては難しいかもしれません。。

でもお花見に出かけたら、低い位置に枝が広がる桜がないか探してみてください!

私はむしろ、「低い位置に枝が広がる桜があるから、あの公園にお花見に行く!」

という逆転の発想です(笑)

子供は当然背が低いですし、普通に桜の木の前に立たせて撮っても残念ながら

背景には幹しか写りません。。全体を撮るならばかなり引いて撮らないといけないですが、桜の木の前に子供を立たせてママはダッシュで距離を撮り撮影…となると、子供は「やらされてる感」が出ちゃってるあまり面白味のない写真になったりします。

でも、子供が触れる位置まで枝が広がっていたらどうでしょう!?

子供たちは思わず笑顔になって、枝を触ったり桜の花に顔を近づけてみたり♪

自然な表情と、はっきりとした桜のお花がばっちり収められますよ♪

 

 

 3. 桜の枝の間から撮ってみる♪

 

低い枝があれば…なのですが、是非枝越しにお子さんを撮ってみてください。

桜の花びらがレンズにかぶり気味でもOKです♪

いいポイントを見つけられたら、桜のフレームの中の我が子…♪なんていう

ちょっと変わった桜写真が撮れるかもしれません。

 

 

 4. 思いっきりローアングルで、寝転がって撮ってみよう♪

 

低い枝なんてない〜という時は、ママは思い切って寝転がって下から子供を見上げて

撮影してみてください!いつもより大きく見えるたくましい我が子と、空に広がる桜…というダイナミックな写真が撮れます♪

そして寝転がるママの姿にお子さんも思わず笑顔になること間違い無し♪

 

   

 

 5. 洋服選びも重要!

 

桜との撮影に限らずですが、私は毎回かなり気にしているポイントです。

当たり前ですが洋服によって写真の雰囲気もガラッと変わります

お友達同士でお花見なら「ボーダーにデニムにしよう♪」とか「カラフルなワンピースにしてみよう♪」とか「ピンク系で!」とか、事前にちょこっと打ち合わせして

雰囲気や色を揃えるだけでも、グンと写真の見栄えがよくなりますよ♪

桜は全体的に白系なので、鮮やかな色の服も映えますし、逆に「桜っぽく」白や薄いピンク系の服でふんわりな雰囲気の写真にするのもいいですね。

また、お子様が入園入学を控えているなら是非、真新しいぶかぶかの制服姿や

ピカピカのランドセル姿でも撮ってみてください!

我が家は長女がこの春入園なので、お花見に制服を持って行って着替えて写真を撮る予定ですよ〜^^

 

 

いかがでしたか?

ご紹介した5つのコツは、カメラなんて全く詳しくない〜という方でも、

携帯でしか撮らない〜という方でも簡単に試して頂けると思います。

是非来週のお花見で試してみてくださいね!

 

 

 お気に入りの写真が撮れたら、カメラやスマホに入れたままではもったいない!形に残しましょう♪