ママとして輝き、妻として愛される!

3歳0歳姉妹の育児に奮闘する結婚9年目の主婦です。 自分の道をもち、イキイキと輝き、経済的自立を果たせる女性を目指し日々邁進中! その中で得た情報、知恵など共有します!

撮りっぱなしの大量の写真を簡単に整理できるオートアルバムが凄い!

 

「autoalbum」で安く簡単に写真の整理をしよう

写真の整理…これって多くのママパパが頭を悩ませますよね。

f:id:happyfufu:20170618234343j:plain

私は写真を撮るのが趣味なので

1日で数百枚撮影することなんてザラなのですが、

撮った写真をまとめる時間がなかなかなくって、撮りっぱなし…。

その間も写真はどんどん溜まっていき

頭の片隅には「写真どうにかしないと…」というモヤモヤ

もしSDカードやパソコンがクラッシュしたら…という不安が常にあり。

そしてその後頭をよぎるアレコレといえば…

 

①速やかに現像!!

でもー…まず写真が大量すぎて選べないし、なんとか数百枚選んだとしても

現像した写真プリントって結構かさばるしアルバム台紙も用意してないから面倒…

f:id:happyfufu:20170618234959j:plain

 

②フォトブックを作る!

でもー…フォトブックもいろいろな種類がありすぎて選べないし、

あっちこっち比較しているうちに疲れる…

そもそもフォトブック作成って結構時間がかかるんだよね…

f:id:happyfufu:20170618234717j:plain

 

③とりあえず外付けHDDに移動!

でもー…外付けの容量も無限じゃないし、写真はたまる一方で何も解決していない…

 

こんな感じです。

 

これらを踏まえて写真整理を考える上で是非実現したいポイントは…

 

◼︎大量の写真が整理できること

◼︎簡単で続けられそうなこと

◼︎できれば仕上がりも良いこと

◼︎安いこと

 

だと思うのですが^^

 

それを全部実現できるサービスを発見!

それがオートアルバム なんです!

 

オートアルバムがオススメな理由

①最大で1600枚の写真を1冊にまとめられる

これって凄すぎです!こういうの探してました!!

1ページに最大16枚まで、ページ数は8〜100ページまで選べるんです。

これなら、大量に溜まった写真を細かく選別せずに

ある程度「えいやー!」とまとめてしまうことができますよね!

大量の写真の中からアルバムにする対象写真を選びこむことが

何より時間がかかる作業なので1000枚レベルの写真を1冊にできるのは

本当に大きなメリットです。

この点だけでオートアルバムを選ぶ価値が大ありです。

 

②基本的には写真をアップロードするだけで簡単

フォトブックっていろいろな種類がありますが、

レイアウトやサイズ、イラスト、デザイン…と

こだわり始めたらキリがなく

結局1冊仕上げるのに何日もかかって結構疲れてしまい、

2冊目3冊目と続けられない…ってことが多いんですよね。

でもオートアルバム は基本的には写真をアップロードするだけで完成!

 

f:id:happyfufu:20170618235055p:plain

逆を言うと、レイアウトも決められてるしイラスト入れたり中のデザインを

変更することはできないのですが、それくらいのほうがかえって助かるんです^^;

こだわりたい大切なアルバムは別に作って(おすすめはマイブック

写真整理目的のアルバム作りはオートアルバム という選択がオススメ!

 

③仕上がりのクオリティは写真集並み

アルバムの仕上がりは画質も彩度もレベルが高く、

UVニス加工が施された光沢がある用紙も高級感があります。

まさに書店で売られている写真集のような仕上がりです。

f:id:happyfufu:20170618234104p:plain

f:id:happyfufu:20170618234126p:plain

ちょっとこのクオリティにはびっくりです^^

 

④気軽に作れる安さ

写真の枚数によりますが、最大の1600枚&ハードカバーで作成しても

5640円(税別)という安さ!

例えば300枚の写真だったら2740円(税別)で

ハードカバー仕上げの写真集レベルのアルバムが作れてしまいます。

普通に300枚現像しようとしたらこれ以上の値段かかりますよね。

現像の値段より安く、綺麗に製本されたアルバムが作れてしまう…

これは正直選ばない理由がないです^^;

 

オートアルバムの種類と価格

autoalbumを作成する上で、自分で選択するのは

アルバムの種類と表紙デザインくらいなのですが、

こちらも「多すぎてわけわからない…」とならない安心の4種類展開♪

 

◼︎サイズ

A4横長・A4縦長・A5横長・A5縦長

◼︎表紙タイプ

ハードカバー(背幅11ミリ・上製本)

ソフトカバー(背幅2〜7ミリ・背綴じ)

◼︎1ページにおける写真の枚数

A4横長…1枚、4枚、9枚、16枚

f:id:happyfufu:20170621110802p:plain

A4縦長…1枚、2枚、3枚、8枚

f:id:happyfufu:20170618230304p:plain

A5横長…1枚、2枚、4枚、9枚

f:id:happyfufu:20170618230327p:plain

A5縦長…1枚、2枚、3枚、8枚

f:id:happyfufu:20170618230346p:plain

◼︎背景色と枠線

黒か白 ふちありorふちなし

f:id:happyfufu:20170618230446p:plain

◼︎表紙デザイン

サイズやカット数によって選択できるデザインが異なる

 

◼︎価格

選択するサイズや写真枚数、ページ数、表紙タイプによって様々ですが

例えば、一番人気「A4横長ハードカバー」1ページあたり9枚写真を入れた場合…

 

100枚(12ページ)…1680円(税別)

300枚(34ページ)…2740円(税別)

500枚(56ページ)…3690円(税別)

900枚(100ページ)…5640円(税別)

 

という感じです^^

 

f:id:happyfufu:20170618231208p:plain

 

オートアルバムの目的別オススメサイズ

◼︎とにかくたくさんの写真を整理したい!

⇨A4横長 1ページあたり9枚 or 16枚

一番写真がたくさん入るサイズがA4横長!

1ページに9枚配置は1枚のサイズ(82mm×56mm)が小さすぎずオススメ!

f:id:happyfufu:20170618232026p:plain

写真を現像する場合に一般的なL版が127mm×89mmなので比較しても

それほど小さくないサイズですね!

1ページ16枚配置は1枚のサイズ(60.5mm×41.5mm)は多少小さめですが

その分最大1600枚の写真が収められるという優秀さ!

1年の写真を1冊にまとめて、

1年1冊で続けていくには丁度良いと思います!

または、旅行で大量に撮影した写真を1冊にまとめて、

インデックスとして

使うというのもありですよね。

 

◼︎現像した写真アルバムと同じ感覚で本棚に並べたい

⇨A4縦長 1ページあたり2枚

A4縦長は本棚に収まるサイズとして人気だそう^^

1ページ2枚配置にすると1枚のサイズ(182mm×126.5mm)となり

2L版プリント(178mm×127mm)とほぼ同サイズで見応え抜群!

f:id:happyfufu:20170618232859p:plain

 

◼︎持ち歩いてお友達や家族に見てもらいたい

⇨A5縦長

A5縦長は持ち歩きしやすいお手頃なサイズです。

1ページ配置を8枚とすれば最大800枚の写真が収まります!

f:id:happyfufu:20170618233155p:plain

 

アルバムと一緒にデータDVDもつけることができる(有料)

これも今まで私が使ってきたフォトブックにはなかった嬉しすぎるサービス!

作成したアルバムのデータを1枚のDVDにしてくれるんです!(別途432円)

f:id:happyfufu:20170621110922p:plain

アルバムとデータをセットで保管できたら…

あとから印刷したり、アルバムを作り直したり、パソコンのデータを削除できたり…

メリットしかない!!

いろいろな心配からも解放されますね^^

子供の成長記録アルバムや旅行の大量写真のインデックスとして作成するなら

DVDオプションはぜひとも使いたいです。

 

まとめ オートアルバムで写真整理の悩みは全て解決!!

私、本当にこのオートアルバム を知った時、感動したんです♪

子供がいると、本当にあっという間に写真は大量に溜まり…

それを丁寧にまとめている時間はなく…

でもやっぱりきちんと形には残したい。。

そんなモヤモヤ状態を一気に解決してくれるのはコレしかない気がします。

 

写真の整理になかなか手をつけられていないママさんパパさん!

もしかして何年分も溜まってたりしませんか?(私も…^^;)

そしたらとりあえず1年1冊にしてダダダっと作ってみませんか?

写真整理のモヤモヤから解放されて、素敵な思い出が確かな形となって

手元に残りますよ^^

 

私もこれからせっせと作っていくつもりです!

まずは去年の娘の七五三の写真を1冊にまとめてみよう…!

 

詳細はこちらから↓ 

>>オートアルバム