ママとして輝き、妻として愛される!

3歳0歳姉妹の育児に奮闘する結婚9年目の主婦です。 自分の道をもち、イキイキと輝き、経済的自立を果たせる女性を目指し日々邁進中! その中で得た情報、知恵など共有します!

SIGMA30mmF1.4は一眼レフの楽しさを教えてくれる超オススメレンズ!

 

今年の桜は、

満開時期がいつになく早くて

あっという間に終わってしまった感がありますが…

 

桜とお子さんの写真、

たくさん撮影できましたか?^^

 

私も今年は久々に桜との撮影を楽しめた感があって

結構満足してます♪

 

f:id:happyfufu:20180417230425j:plain

 

 

というのも、

去年は次女もまだ0歳〜1歳と小さくて

1年を通して正直カメラを構えるまで

余裕がないことが多かったんです。。

(子供二人との外出はただでさえ大荷物ですし…)

 

長女が生まれてから

もともとのカメラ好きに拍車がかかって

毎日いつだって

 

「あ、今撮りたい!」

「今の光、すごいいい感じだなー!」

 

と、写真のことばっかり考えていたというのに

最近はカメラを触る機会が減ってしまって

なんだか寂しさを感じていたのです。

 

 

でも次女も少し成長してきたこの春の桜の時期、

外で思いきりカメラを構えて子供たちを撮影して、

やっぱりカメラ最高に楽しい!!!

と、カメラ熱がメラメラと再燃しました♡

 

 

以前記事にしたように

(一眼レフでの子供撮影は単焦点レンズとキットレンズで結構いける!)

私の愛用レンズはもっぱらこちらの2つなのですが…

 

 

やっぱり

SIGMA30mmF1.4での撮影はめちゃくちゃ楽しい!!

ということを実感したのです^^

 

 

 SIGMA30mmF1.4のオススメポイントは?

高い描写力!

f:id:happyfufu:20180417230522j:plain

 

やはりなんといってもそのキレの良い描写です!!

レンズってメーカーの違いはもちろん、

レンズ1本1本にも個性があって

好みもそれぞれだと思うのですが、

 

このSIGMA30mm F1.4が愛されてる理由の1つは

 

「カリッカリな描写」なんですよね!

 

カリッカリ…言い換えれば、キレッキレ!(笑)

 

私がこのレンズを購入した最大の理由も

「ふんわりではなく、カリッカリなシャープな写真を撮りたい!」

というものでした。

 

ピントがずばり合っている写真のキレは

本当に気持ちが良いです^^

 

自分の腕がすごく上がった錯覚にさえ陥りますw

画角が絶妙!日常生活の撮影はこの1本で十分!

f:id:happyfufu:20180417232217j:plain

↑気づいたら床で寝ていた娘を激写♡

 

私のもう1本の愛用レンズ「EF-S55-250mm」も

もちろん使いたい場面は多々登場するのですが、

 

基本的にカメラボディにつけっぱなしで

さっと持ち歩きたいのはSIGMA30mmF1.4なんですね。

 

私はフルサイズではなくAPS-Cなので

30mmのレンズの実際の画角は約45mmとなるのですが

これがまた絶妙にいいんです^^

 

50mmの画角はよく「標準画角」と言われますが

人によっては少し狭すぎると感じる場合も。

でも35mmだと広すぎる…という具合。

 

 

そんな中、このレンズが作り出す約45mmって

ちょうどいい!

 

 

お出かけ先でパッと撮影したい時、

家の中での子供のふとした面白い瞬間を撮りたい時、

この1本で十分満足に撮影ができます^^

 

私はディズニーランドへ出かける時でさえも

この1本だけを持っていくくらい

信頼を寄せているレンズです。

 

カメラが好きな普通の専業主婦でも頑張ったら手が出せる価格!

これは、描写力云々を差し置いて

実は1番大きなポイントかもしれないですね。

 

だって、この価格でなければ

私はこのレンズには出会っていませんでしたから…^^

 

「レンズ沼」とか「撒き餌レンズ」

という言葉があるように

一眼レフにのめり込んだら最後、

次々にレンズ欲が湧いてきて

旦那様のお給料1ヶ月分くらいの高価なレンズでさえも

 

「1年のご褒美に買っちゃおうかな!」

(実際、その1年で他に何本も買っている…)

 

みたいな状況に陥る可能性は大いにあります。

 

 

高価なレンズはもちろん

その価格に見合う素晴らしさがあるでしょうし、

買えるものなら買って楽しめるに越したことはないです。

 

が、

趣味でカメラを撮る程度の専業主婦が

そんな高価なレンズに手を出すことは

通常、あまり歓迎されることではないですよね^^;

 

(カメラ熱のせいで30万弱のレンズを

本気で買おうと思っていた時もありましたw)

 

そんな私でも

思い切れる価格帯にこのSIGMA30mmF1.4が

いてくれたことは本当にラッキーでした♪

 

 

もっとも、このレンズが「撒き餌」となって

さらに高価なレンズが欲しくなる可能性はありますがw

幸い日常生活のスナップに関して

このレンズで撮れないものはないので

写欲は十分このレンズが満たしてくれると思います♡

 

1つ欠点を挙げるなら、「割と重い」こと。

あえて欠点を挙げるならば重量についてでしょうか。

約430gと単焦点レンズにしてはなかなかの重さ。

レンズの見た目の大きさに対して、

手に持つとズッシリ感がすごいです^^;

 

撮影していて「重い〜〜」と思うことは

あまりないのですが、

他のレンズに交換した時「かるっっ!!」って

思いますw

 

長時間首からぶらさげていたりすると

女性なら首と肩がおそらく凝ってしまうと思います^^;

 

 

今後も当面私のNo1レンズはSIGMA30mmF1.4です!

このレンズ、

購入してもう4年目になるので

他のレンズも使ってみたいな〜という気持ちが

ないわけではないのですが

 

このレンズで撮りたいものが撮れてしまうので

他のレンズを買う必要性がないんですよね^^;

 

そりゃ憧れの望遠レンズ(30万弱)とか

普段使いの望遠レンズ(20万弱)とか

使ってみたいですが、

それは私が働き始めてからですよっていう話ですw

 

それに、

 

高価なレンズを使わなくたって

こんなにカメラを楽しめる!というところに

このレンズの醍醐味があるようにも思うんですよね^^

 

整理しきれないほど膨大な数がある長女の成長記録写真に対して

明らかに数の少ない次女の写真…。

 

今年はまたカメラのある生活を楽しみながら

次女の写真もたくさん残してあげたいと思います!